ユーチューブのチャンネルアートを制作してみました♪



ユーチューブのチャンネルアートについて先日このような記事を書きました。
前回の記事では、あくまでも作り方をお伝えする形だったので制作まではしていませんでした。

そこで、今回、下記チャンネルアートを制作したのでその制作方法を解説します。

※わかりやすく色分けしています。
下記画像はクリックすると拡大し、テンプレート用として保存できます。
ユーチューブチャンネルアートの作り方

上記テンプレートを利用して下記のようなチャンネルアート画像を制作してみました♪
画面にはみえないですが、サイズは2560×1440pxで制作してあります。
(※画面をクリックすると、元サイズで拡大されて表示されます)
ユーチューブチャンネルアート制作

上記チャンネルアートを制作してユーチューブに当てはめます。

ユーチューブのチャンネルアートは下記場所から編集できます♪

1.ユーチューブにアクセスし、ログインする。

2.右上の【自分のアカウントID】をクリック後、【マイチャンネル】をクリック
ユーチューブチャンネルアートの作り方

3.チャンネルアートをはめる右上にある【鉛筆っぽいマーク】をクリックすると、【チャンネルアートを編集】ができます。※ちなみに【鉛筆っぽいマーク】は普段隠れています。カーソルを持ってこないと表示されないのでご注意下さい。
チャンネルアートの作り方

4.後は制作したパソコンの画像を選択し、アップロードするだけです。

上記文章だけでチャンネルアートの変更場所が分からない方のために動画解説も作りました♪

チャンネルアート変更箇所の動画解説

チャンネルアートを変更すると、下記のように表示されます。

iPhoneで閲覧した場合
例えば、iPhoneで閲覧すると下記のようにみえます

チャンネルアートをiphoneで閲覧

続いてiPadでの閲覧
iPadだと青い部分まで閲覧ができます♪

ipadでチャンネルアートを閲覧

私のデスクトップPCで閲覧
デスクトップPCでは、モニターのサイズ(解像度)によって閲覧できる範囲が異なります。

●モニターの解像度が1280px×1024の場合
デスクトップPCでチャンネルアートを閲覧した場合

●モニターの解像度が1680px×1050の場合
デスクトップPC(ワイド版モニター)でチャンネルアートを閲覧した場合

完成したチャンネルアートを閲覧すると、、
以上のことを踏まえ、色枠を外してチャンネルアートを設定すると、下記のような画面になります♪(下記画面は私のワイドモニターでみた場合です)

ワイド版モニターでチャンネルアートを閲覧した場合

結論としては、すべてのモニターに合わせることは無理ではないですが、手間がかかります。

今回、私はiPhone、iPad、PCの通常モニター、ワイドモニターのすべてに合うように制作しましたが、、、。
PCモニターはサイズが小さいものもあるので、全部は物理的に無理だと思います。

一応、上記4つのモニターを押さえればよいと思います。

コメントを残す




*


post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)