仕事で心が苦しくなった時に意識すること

仕事で心が苦しくなった時に意識すること

 

先日、私の所に送られてきたビジネス雑誌『プレジデント』。

 

プレジデントはビジネスに興味のある人が愛読する雑誌ですが、そこに堀越さんの興味深い記事があったのでご紹介します。

 

それは、

 

 

「打率ではなくヒット数を意識するイチロー」という記事。

 

 

イチローや松井選手など一流の選手は、

 

「自分のコントロールできないことを気にしない」という。

 

なぜなら、コントロールできないことに意識を向けると苦しくなるから。

 

 

「打率3割を守ろうとすれば辛い打席も、

 ヒットを一本増やしたいと思えば楽しめます」

  

byイチロー

 

 

、、、

 

 

、、、なるほど!

 

仕事で心が苦しくなる時、多くの人は、

 

「売上」を気にしているのではないでしょうか?

 

それは、イチロー選手で言えば、

 

 

「打率」を気にすることと同じです。

 

 

売上も打率も上がれば嬉しいですが、打率というのは、上がる時もあれば、当然下がる時もあります。

 

だから、打率で考えることには意味がないのです。

 

それよりも、

 

 

「実戦すれば必ず達成できることにだけ集中する!」

 

 

例えば、

 

・今日は3人の方に商品を紹介する

 

・今月はブログを10記事書く

 

・●月●日にイベントを開催するなど

 

このように、

 

・自分が実践しても達成できるか分からない目標(打率・売上)

 

・自分が実践すれば必ず達成できる目標(1本ヒットを打つことを目標にする!)

 

 

これらを明確に分けて行動する。

 

すると、自然と心が軽くなっていきます。

 

「いかがでしょう?あなたは売上(打率)ばかりを気にしていませんか?」

 

もしそうであるならば、、、。

 

というわけで、今日もコツコツとソーシャルメディア活用の楽しさをお伝えしています。

 

目指せ!ソーシャルメディア普及1万人!


コメントを残す




*


post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)